主人が扁桃腺を切除して、入院しました。

私の主人は、現在、48歳です。
金融機関に勤めています。
1月18日から日本赤十字病院に入院し、1月19日に扁桃腺を切除する手術をしました。
約10日間、入院する予定です。
主人は、扁桃腺が腫れて熱を出すことが多かったのです。
主人が扁桃腺から熱を出すと、高い熱がけっこう長く続き、くどいのです。
主人が言うには、扁桃腺が腫れると、とても喉が痛いそうです。
だから、主人は、扁桃腺を切除することにしたのです。
今日は、土曜日です。
私と子供たちは、朝ゆっくりと起きました。
私たちは、遅い朝ごはんを食べました。
その後、子供たちは、少しお勉強をしました。
午後3時過ぎ、私は、子供たちを習い事のスイミングスクールに連れて行きました。
その後、遅いお昼ご飯を子供たちの大好きなマクドナルドで食べてから、主人に頼まれていた雑誌を買いにツタヤへ行きました。
雑誌の名前は、『ベースボールマガジン 別紙 作新学院高等学校野球部 人間力の真髄 』でした。
主人は、野球観戦が大好きなのです。
しかし、その雑誌は、残念ながら完売していました。
その後、主人が入院する病院へ向かいました。
病院に着いたのは、午後6時30分頃でした。
主人は、元気そうでした。
扁桃腺を切除した傷口は、順調に回復してきているそうですが、食べ物を飲み込む時にまだ痛むそうです。
主人は、別れ際に、子供たちそれぞれにハグ(抱く)をしていました。
私の子供は、7歳になる小学校2年生の娘と5歳になる幼稚園年中の息子です。
娘は、丈夫なのですが、息子がよく熱をだします。
ひどいと、1週間に1回のペースで熱がでます。
しかも、扁桃腺からの熱が多いのです。
私の周りで、小さい頃よく熱をだし、小さいうちに扁桃腺を切除してもらったという人が何人かいます。
扁桃腺を切除するのであれば、子供の時がよいそうです。
大人になってからの切除ですと、主人のように入院をしたり、点滴をしたりと時間がかかるそうです。
息子の将来のためにも、早いうちに扁桃腺の切除をしてもらったほうがよいのかと考えさせられてしまいます。
でももう少し、息子の様子を観察してみようと思います。化粧品